blog

フリーランスのWeb制作 : デザイン、HTML/CSSコーディング、CMS
EPXスタジオ www.epxstudio.com

4月5日(土)「VERSUS@茶箱」やります

活動2014-03-26 00:56

versus_webflyer_w800

告知です。4月5日の土曜日の午後5時から10時まで、お馴染み早稲田の茶箱さんで単発のテクノパーティーをやります。今回の企画は、長年の戦友であるところのunaくん(@electine)との2人会、題して「R-9 "VERSUS" una」です。

EPX34th presents: R-9 "VERSUS" una
http://vs.epxstudio.com/

この日は自分の誕生日で、だいたい毎年、このあたりに何かしら企画を立てています。初めて茶箱で単独オーガナイズした09年のINDUSTRIALしかり、30歳の記念に同級生DJに集まってもらった80+30しかり。なんかわいわい過ごしたいんですよね。SNSでひとこと祝ってもらったりってのももちろん嬉しいんだけど、どっちかというと自分ができることで楽しんでもらいたくて。

さて、今年は何をやろうかと考えたところ、ちょっと長めのバックトゥバックをやりたいなと思って、で、テクノならまずunaくんかなと。10代のころから、もうかれこれ15年くらいの付き合いになりますが、ロングセットのB2Bはまだ多分やったことないし。

先日打ち合わせをしてきて、ある程度の具体的な範囲のすり合わせをしてきました。なにしろ、宇田川町の中古レコード全盛期に掘った(掘りすぎた)名盤をお互いに大量に持っているのを知っているだけに、あてずっぽうでカートに詰めていくわけにもいかないので。おかげで、アーティスト、レーベル、そして何より音の感触を軸に、一定の領域の絞り込みができました。

敢えて抽象的に言うと、00年代のウェルメイドな洗練されたトラックに至る前の、不器用で不格好だけれど、原石のようなテクノ。それはシカゴハウスからパワーを受け継いだものだったり、あるいはレイヴに踏み込む直前の勢いを抑制したドープなものだったり、はたまた縦ノリのミニマルの一歩手前かつ横ノリのハウスの一歩先だったり。と言っても「昔は良かった」と言うつもりはまったくなくて、そのプリミティブなパワーは今もどこかにあってしかるべきものだし、それが今のトラックとミックスできるならもっと面白いし。

なので、今回のパーティーはまずこのunaくんと私の3時間のロングセットB2Bがメインです。テクノです。とんでもない音が飛び出してきそうでまったくの未知数ですが、伊達に長い付き合いじゃないっていうか、それなりに面白いものにできる自信はあります。楽しみ!

加えて、先日好感触だったTR-8&TB-3によるライブセッションをDJのなかに組み込みます。これはあくまでもスパイス的な使いかたになるかと思いますが、茶箱の音響でがっつり楽しめる機会もまだそれほど多くないかと思いますので、ご興味のあるかたは。

さらに、ラスト1時間で久しぶりにクラシック・ハードミニマル・セットをやろうと思います。いつ以来だろう?多分、2010年にヴァイナルオンリーのDJをやったのが最後だと思うので、4年ぶりかな。最近はCDJでのbpm120台のテクノが中心で、とんとご無沙汰だったこともあって、実は前から機会を見て再開したいなと思っていました。あんな曲もこんな曲もやります。やー、この日ばかりはいいじゃないですか。

おまけのおまけで、会場限定のコピー誌を作ろうと思います。こちらは内容まったくの未定ですが、なにかマンガ的なものを。

料金もちょっとお安く1,500円1ドリンク込みにしましたので、ぜひ気軽に遊びに来てくださいね。なかなか普段できない企画だし、楽しんでいただければ嬉しいです。そんなわけで、4月5日土曜日、よろしくお願いします!

この記事の関連タグ:

Share on Tumblr このエントリーをはてなブックマークに追加