blog

フリーランスのWeb制作 : デザイン、HTML/CSSコーディング、CMS
EPXスタジオ www.epxstudio.com

DJでTR-8を使う

テクノ2014-03-17 23:26

AIRA meets Sabaco

3月15日、幸運なことに、そのちょうど一週間前に出たばかりのAIRAことRoland TR-8とTB-3を、実際にクラブで使う機会がありました。場所はおなじみの早稲田の茶箱さん。この日は、プリペイド式のドリンクパスを買ってお店の常設機材の買い替えを支援するというプロジェクトに因んだ単発イベントで、たまたまDJをする機会をいただきました。普段と違ったラウンジスタイルのイベントとのことで、それなら変わったことをやってみようと。

確認したかったのは2点。TR-8、TB-3が普段行きつけのハコ(しかもレイオーディオを擁するサウンドシステム)でどう鳴るかという点と、CDJと組み合わせて使ったときの使い勝手という点です。とはいえまだ入手して一週間だし、使いこなすどころか、たいして凝ったことはできなさそうなので、あくまでも感触を確かめられればというレベルで。

機材はDJM-800にCDJ-1000MK3が2台、空いているチャンネルにTB-3をEXTERNAL INに突っ込んだTR-8を。同期は、AIRA間はMIDIで、CDJとは手動です。

AIRA meets Sabaco

まず音に関しては、ものすごく良かったです。抽象的な表現でアレですが、同じ場所で何度か機材ライブをさせてもらった経験上、自宅との環境が違いすぎるため、特にキックはイメージ通りの出音になかなかならなかったのだけど、それに比べてこんな簡単にこんな音が出ていいのかという。フロアもさることながら、ブース内のウーファーから低音がビリビリ足腰に響いて、何とも言えない昂揚感がありました。高域の鋭い感じも良くて、16分のハイハットのディケイを伸ばしたときの抜ける感じ、そしてEXT INのサイドチェインつまみの効きも気持ちいいです。
TB-3は、レゾナンスを絞ったときの太いときと、上げたときのHPFの効きの変化がダイナミックで、あまりに振れ幅が大きくて心配になるくらい。このあたりの加減は、ひたすら練習を重ねていくしかなさそうですね。

実は、事前に家で練習していた限りでは、リズムマシンだけになってしまうと物足りないというか、完成された楽曲に対して力負けしてしまうのではないかという危惧もありました。でも実際は、逆にTR-8のピュアな音がパワフルすぎて浮いてしまうというか、常に手綱を握っていかなければいけない感じで、少なくとも物足りないってことは全然なかった。そして、楽曲との間で浮き上がってくる別のグルーヴに、リアルタイムに手を入れていける楽しさは、これは新しいなと思いました。様々に言われている「楽器的」という表現は、まさにその通りだと思います。

同期に関していうと、CDJに慣れている人なら手動でも全然いけます。トリッキーなビートを混ぜる場合でも、モニタしているときだけ4分でハットでも叩いておけばいいわけだし。ただ、FINEで0.1bpm刻みで微調整できるかなと思っていたのが、これはちょっと使い勝手が難しくて、ビートマッチングの微調整で使うには刻みが大きすぎる。基本は、CDJ側で合わせる方が早いし、当然ながらMIDIで同期できるならそれが一番ラクではあります。

DJを聞いていただいた方からの反応も良くて、試してみてよかったです。イベント終了後は、みんなでAIRAを囲んでひとしきり音を出したりとか。店主のエージさんのツイートからの引用です。

ファーwwwwwTR-8のキックすげえ!!!!!TB-3のベース野太いwww茶箱初AIRAですよお兄さん!!
https://twitter.com/prophet5/status/444709426469949441
やー、TR-8とTB-3、レイオーディオと無茶苦茶相性いいなぁ。というか加工されないそのままの出音だからかな。まさしく「楽器」の音だなー。
https://twitter.com/prophet5/status/444741080374730753

いやしかしこれは、おもしろい選択肢が出てきました。実際、自然にDJとして曲にミックスできるようになるには、相当に練習して経験値を積んでいかなければならないのは間違いないんだけど、そこがまさに楽器たる所以で、その過程を楽しめるかどうか。下手をすれば、DJとしてものすごく独りよがりなプレイになるコワさもあるし、何にせよ楽しみです。

上の写真はエージさんと、当日DJでも出演された204さんに撮っていただきました。

ちなみに、4月5日(土)に茶箱で開催するunaくんとの主催イベント「VERSUS」でも、DJのなかでTR-8を使う予定です。このパーティーの告知はまたしますが、ご都合のつくかたはぜひ音を聴きに来てくださいね。

EPX34th presents: R-9 "VERSUS" una - 2014-04-05 at Sabaco
http://vs.epxstudio.com/

この記事の関連タグ:

Share on Tumblr このエントリーをはてなブックマークに追加