blog

フリーランスのWeb制作 : デザイン、HTML/CSSコーディング、CMS
EPXスタジオ www.epxstudio.com

The Unfinished Swan

ゲーム2013-07-22 18:53

PS3のダウンロード専用ゲーム『The Unfinished Swan』をクリアしました。といっても実質プレイ時間4~5時間くらい。FPS型のアクションパズルゲーム、と言ってしまうといろいろ語弊がありそうな、要するに『風ノ旅ビト』『Flowery』と同系統の、インタラクティブアート要素の強い、海外発の意欲的な短編作品です。

レビューはGAME Watchのものがネタバレなく分かりやすくまとまっているので、こちらを。

PS3ゲームレビュー「The Unfinished Swan」 - GAME Watch
http://game.watch.impress.co.jp/docs/review/20130121_582094.html

何もない真っ白な空間に対して黒い液体の塊を発射すると、その飛沫によって、自分の周りがどういう形になっているか、例えばどこにカベがあってどこに足場があるのかが分かってくる、という演出で始まります。このアイデア自体がもう面白い。子供のようにひたすら辺りにインクをぶちまけて、それを手掛かりに進んでいくという。

ゲームとしては、随所に見え隠れする「白鳥の足あと」を追いかけていくかたちの謎解きがメインで、海外のゲームらしく、レベルデザインが非常に巧みで関心しました。自由度が高すぎて一見どこへ行っていいか分からないような場面でも、もしかしてこっちかも、と気づいたところはだいたいそれが正解みたいな。またステージの随所に隠されている風船探しが、いわゆるやり込み要素のひとつなのですが、この配置も工夫があっていい。ストレスなく進みます。

ただ、上のレビューでも触れられているように、このゲーム異様に3D酔いしやすくて、Portalであれだけ飛び回って平気だった自分も、序盤はだいぶ気持ち悪くなりました。迷路のような遠近感が良くないのかな…。チャプター2くらいまでが結構ヘビーで、そのあとはわりと大丈夫でした。

そして実は、液体を投げたフィードバックで謎解きをしていく、というメインの仕掛けはチャプター1だけで、2以降ではそのたびに別のアイデアが盛り込まれています。これはぜひネタバレを避けてほしい。こんなこともできるのか!という驚きもちらほら。すごく新鮮な体験でした。

『風ノ旅ビト』ほどではなかったけれど、ラストに向かってゆく盛り上がりもそれなりに。去年出たときから気になっていたゲームだけに、やはり遊んで良かったなと思いました。
唯一残念なのは、個人的に、日本語のナレーションがミスマッチな気がしています。絵本の朗読のような形で進むのですが、抑揚のつけかたがわざとらしいというか、ちょっと引っかかる感じで。日本語字幕があるのだから、ここは吹き替えじゃなくて、オリジナルの英語ナレーションで作品全体の世界を楽しみたかった。

風船探しで、いくつかの要素(エクストラステージやメイキングなど)がアンロックされるようなので、もうしばらくこの世界を徘徊することになると思います。

The Unfinished Swan | プレイステーション® オフィシャルサイト
http://www.jp.playstation.com/scej/title/theunfinishedswan/#top
Share on Tumblr このエントリーをはてなブックマークに追加