blog

フリーランスのWeb制作 : デザイン、HTML/CSSコーディング、CMS
EPXスタジオ www.epxstudio.com

AKG K321とLogicool m235

日記2013-07-09 15:08

最近買ったもの2点の話。

電車で移動するときによくiPodで音楽を聴くのだけど、もう何代も愛用しているインナーイヤーヘッドフォンがあって、それがPanasonicのRP-HJE150でした。

Amazon.co.jp: Panasonic ステレオインサイドホン ホワイト RP-HJE150-W: 家電・カメラ
http://www.amazon.co.jp/dp/B001HXYEYM

基本、普段使いのインナーイヤーは消耗品と考えていて、わりと雑に扱って断線してもすぐに買い替えられるような製品を選んできました。なかでもこれは抜群に音が良くて、iPodについてくるものとは比較にならないくらい遮音性が高く、低域がガッツリ聴こえて、なおかつアコースティックな音楽も聴けるので気に入ってて。

それでも、以前、もうちょっといい音で聴きたくて試したAKGのK317というのは結構なショックでした。たしか国内で扱っていなくて、サウンドハウスで取り寄せた。中域がものすごくクリアに聞こえて、弦楽器の音の瑞々しさというか、リアルに弦が振動するさまが伝わって感動したものです。ただこれ、ほどなくして壊れてしまって、やっぱり音に関してはある程度妥協しても、気軽に手に入る廉価製品のほうがいいのかなと。

で、なんとなーくWebを見てたら、6月にAKGのK321にカラバリが追加されて、ちょっと気になる色のものが出たと知り。しかもこれが実売2,980だかとかで、再び試してみようと思い立ちました。

Amazon.co.jp: AKG ダイナミック密閉型カナルイヤホン (ダークブルー) K321-DBL: 家電・カメラ
http://www.amazon.co.jp/dp/B00D3B2ZC4/

買ったのはヨドバシ。そんな具合なので、まだそんなに長い時間使ってみたわけでもないのですが、パナのRP-HJE150に比べると低域が迫力不足で、これでテクノとかを聴きたい感じにはならない。おそらくこちらのほうがフラットに近いのだろうけど。中域も全然、K317ほどじゃなくて、ちょっとがっかりな感じでした。
フィット感は悪くないものの、やはりこれもパナの楕円形状のイヤーピースには及ばず、慣れの問題かどうかは微妙なところ。もう少しあれこれ試してみないとかな。

一方、買い替えと言えば、マウスを買い替えたくてLogicoolのm325を買ってみました。

Amazon.co.jp: LOGICOOL ワイヤレスマウス M235r ブルー M235rBL: パソコン・周辺機器
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00B3OXVHG/

私は、仕事に使うにも趣味に使うにも、マウスにはまったくこだわりがありません。以前の職場では、ゲーミングマウスみたいに凝ったマウス(あるいはポインティングデバイス)を使っているデザイナーもいたけれど、ある意味で不便な環境に慣らされたせいで、Dellの標準マウスで十分な体に。強いて言えば、そのDellの標準マウスと使用感において大差なければ何でも。

Dellのほかに長く使ったのはLogicoolのm110で、これは現役なのですが、近頃部屋が暑くなって汗ばむと、側面のプラスチック面の不快感がちょっと気になり始めました。タイミング的にもノートPCを買い替えたところで、無難なワイヤレスのマウスがあれば試してみたいなと思い、いくつかの特徴からm235を。

まず、ホイールにダイヤル感というか抵抗があって、いわゆるヌルヌルした無抵抗ホイールじゃないところ。また側面がラバー地になっていて、不快感も少ない。全体的に軽くて標準的な感じで、可もなく不可もなくといったところです。

けっこう驚いたのが、光学式マウスなのに、マウスパッドも何もなく机の上で支障なく使えているところ。これはLogicoolでいうところのレーザーグレードトラッキングという技術らしくて、パッドなしでは誤動作の多かったm110とはあきらかに挙動が違う。いまのマウスはすごいね。
まったく意識していなかったこととして、m110のホイールのチルト機能は意外と使ってたんだなぁということ。m235にはこれがなくて、ブラウザの「戻る」が若干めんどくさい。何ごともなくなってから気づくもので。あとサイズが小さいのでまだ違和感は抜けませんが、これは慣れかな。

以上、覚え書きということで。

Share on Tumblr このエントリーをはてなブックマークに追加