blog

フリーランスのWeb制作 : デザイン、HTML/CSSコーディング、CMS
EPXスタジオ www.epxstudio.com

秋葉原重工#8とVeta with Rødhåd

テクノ2013-07-08 17:45

週末夜遊びメモ。

土曜日はお馴染み秋葉原MOGRAの「秋葉原重工」へ行ってきました。後半しか居られなかったけど、個人的にはフミアキさんの珍しいクラシックスセットが熱かった。今回もフロアはなかなかの盛況で、かつ階段でひと休みするのも勿体ないくらい良い音で、ずっと抜けられなくてゆらゆらしてました。

外から見ていて思うのは、たぶん「秋葉原重工」クルーは、DJ/VJともに趣味趣向が全然別ベクトルに突き抜けた才能のある人たちの集まりで、最大公約数的なエリアは決して広くはないと思うんだけど、そこをブランドとしての明確なパーティーのイメージが貫いていて、奇跡的に破綻していないのです。普通はもっと雑多な感じになってしまうはず。

そして、デイイベントとはいえ、良い意味で(次に書くような)深いパーティーの「上澄み」をピックアップしていて、そこが硬派と見られる所以なのではないかと思います。うまく言えないけれども。なので、「重工」が好きになった人はもっとコアなパーティーも楽しめるはずで、逆に普段テクノで遊んでいる人もこのパーティー楽しめると思う。

パーティー後は打ち上げに参加。わいわいと飲んで、23時過ぎにひとり渋谷へ。Moduleの「Veta」というパーティーに、初来日のRødhådが出演するというので。

RA: Breaking through: Rødhåd - Interview
http://jp.residentadvisor.net/feature.aspx?1778

今年のアタマにRAで読んだ上のインタビューがすごく良くて、アナログだけでリリースされているDystopianレーベルの音源、さらには本人のSoundcloudでのミックスもいくつか聴いて、すっかりファンになってしまい、いつ日本に来るのかと思っていたけど…意外に早かった。今週末の野外レイブ「rural」に出演するほか、東京ではこのModule公演。
時期を同じくして、サンレコ2013年7月号には浅沼優子さんによるスタジオインタビューが掲載されました。この記事もおもしろかったというか、参考になった。あと、アーティスト名はどうもレッドヘッドと発音するらしいというのも、初めて知りました。

やーもうこのラフな質感、ずぶずぶハマっていく感じ。DystopianのSoundCloudはここ。

dystopian-music’s stream on SoundCloud - Hear the world’s sounds
https://soundcloud.com/dystopian-music

さて、渋谷で軽くコーヒーだけ飲んで1時過ぎにModule入り。ラウンジではMNML SSGSのChrisさんがディープなアンビエントを中心にプレイしていました。メインフロアは、ruralオーガナイザーでもあるOkudaさんがモダンなハードめのテクノで。続くBrunaさんともども、60分の短いセットながら流れを途切れさせないミックスで、がっつり掴まれました。こういう音なら、普通に外タレ出なくても遊びに行きたい。Moduleの過不足ないサウンドシステムや真っ暗なフロアもハマっていた。

3時半からゲストのRødhåd。初めフロアの混みかたが尋常じゃない感じで、昔マニアックに外タレ来たときのような具合で。これ、欲を言えばelevenだったらなぁと思ってしまいました。30分くらいしたら、前のほうは比較的快適で、そこからクローズの7時までずーっと踊ってました。いやー、良かった。

おそらくはタンテとCDJ(ないしUSB)で、別段変わったことはしていないんだけど、メリハリのあるEQ捌きと選曲の妙で、完全にグルーヴを作っていた。ほんと上手い。漫然とキレイにミックスしてしまいがちなところを、敢えて潔く切って、意外なシーケンスを重ねてきたり。

ベースラインがあるような感じじゃなくて、モコモコ低域が鳴ってて、ソリッドな縦ノリのビートが、それもリリースの短い音がドッチッドッチッって言ってるだけで。2拍のシンセのループが現れては消えて、16分のハイハットの上に抜けの良いライドが重なって。やっぱテクノはこれが一番気持ちいいんだよね。こうでなきゃダメだ。

私はあまりオールのパーティ―で最後まで居るってことは少なくて、だいたい満足したら始発で帰ることが多いんだけど、この日はクローズまで居ました。Berghain日曜日のクロージングDJがどうシメるのか興味があったのは確かで、でもそれ以上にフロアを離れさせない、疲れを感じさせない磁場のようなものが働いていて。ガクンと落とすようなら多分そこで帰っていたと思うんだけど、徐々に軟着陸するような感じで、下げてはちょっと上げ、また下げてという感じで。最後の音が消える瞬間まで楽しかった。いいパーティーでした。

Veta、次回の10月5日はAncient Methodsがライブで初来日だって。すごいな。

Veta Japan
http://vetajapan.net/events/2013-10-05/veta-with-ancient-methods-live-set/
Share on Tumblr このエントリーをはてなブックマークに追加