blog

フリーランスのWeb制作 : デザイン、HTML/CSSコーディング、CMS
EPXスタジオ www.epxstudio.com

SoftBank 201MことMotorola RAZR Mに機種変更

日記2012-10-27 22:23

IMGP2322

携帯変えました。キャリア変わらず、電話番号もメールも変更ありません。シャープ製003SHに代わって、SoftBankに参入したばかりのモトローラ端末にしました。今わりとTVCMを打ったり、渋谷を中心としたPRを展開していたりして、広告にかなりお金をかけているみたいですね。

性能的には他社のフラグシップモデルには及ばないし、外見もさほどスマートとも言えないのですが、コンパクトにまとまっている印象です。最大の特徴は、モトローラがグローバルに展開している「RAZR M」ブランドのローカライズ版ってこと。国産スマートフォンの変態仕様にはもう003SHで懲りたので、できるだけグローバルモデルに近いほうがいいなと。さらには、モトローラ(Motorola Mobility)が5月に買収されて、今や完全なGoogle傘下であることから、Android端末のなかでは比較的にGoogle最適化が進んでいるのでは、という期待もあります。

発売は昨日、10月26日でした。実は、003SHの割賦代金もあと2ヶ月分残っているし、機種変を決めるのはもう少し様子を見てからと考えていたのですが、先日店頭で何度かホットモックを触って、印象が良かったので早めに決めてしまいました。

液晶は有機ELで、いわゆるペンタイルのようです。そのせいか、通常の液晶と明らかに見えかたが違って、なんとなくフィルターを通したような(例えるなら覗き見防止のペールビュー機能をONにしたような)見えかたになります。ここが、気になる人には一番気になるかもしれません。ただ、暗いとかいうことはなく、明るさと発色は十分で、Nexus 7よりもずっといい感じです。

OSはAndroid 4.0.4。現行の、特に冬モデルの中では必ずしもハイスペックではないとはいえ、まったく違和感を感じることなく軽快に動作します。というか、今となってはの話ですが、2年前のAndroidのカクカク具合は、どの端末も、正直この品質で売ってもいいのかっていう印象でした。003SHも、2.3アップデートでかなり改善されましたが、それでも全体的にもっさりした動作は変わらなかったので、それに比べるとほとんど別世界です。同じ世代のAndroid端末を使っている方は、割賦代金の完納を待たずにさっさと機種変してしまったほうが、時間も節約できるしストレスも軽減されて、金銭面を超えたメリットがあるかもしれません。

肝心のSoftBank 4Gの対応範囲・速度や、電池持ちなどについては、もうしばらく使ってみないと分からないので置いておくとして、とりあえず気づいた点をいくつか。

screenshotデフォルトのホーム画面アプリが気に入りました。左にスワイプするとすぐに設定を変更できたり、右に画面を追加していける仕様はいいですね。また時計、天気、電池容量を一度に表示できる「サークルウィジェット」がスマートで、汎用ウィジェットとしてあってもいいなと思いました(デフォルトのホーム画面アプリでしか使えない)。

カメラは、起動や撮影後のビューアを開く動作はかなり速く、ストレスを感じませんが、画質はそれなりです。例えばiPhoneのカメラなんかには、まったく歯が立たない感じです。それでも、003SHのカメラがあまりにもだったので、これから外に出かけるときは心強いなぁ。
あと、スピーカーの音が意外にいいです。背面の、カメラの隣に穴があるんですが、普通にYouTubeとかを見ててもびっくりするくらいの音出ます。

気になるのは、やはりSoftBankによるローカライズってことで、要らない、そして消せないアプリがごちゃごちゃ入っていることですね。マイアプリの更新通知に、GREEとかビューンとかホワイトマーケットとか出てくるのは精神衛生上良くないです(なので、設定でアプリの更新通知は切る)。ただ、アプリのドロワーで「お気に入り」というメニューがあって、そこに普段使うアプリだけを一括登録しておけば、邪魔なプリインストールアプリのアイコンを見なくて済むのでおすすめです。

ちなみに、今回はソフトバンクポイントが溜まっていたので、機種代は一括支払いにしました。機種変の場合は3万円とちょっと、そこからポイント分が割引になりました。痛い出費だけど、月々の支払いが現状よりも抑えられる計算なのでいいかなと。

Share on Tumblr このエントリーをはてなブックマークに追加