blog

フリーランスのWeb制作 : デザイン、HTML/CSSコーディング、CMS
EPXスタジオ www.epxstudio.com

ドラムンベース始めました

テクノ2010-02-07 20:00

始めましたっていうか、始めます。

「好きだけど敢えて手をつけなかった」ジャンルというのがいくつかあって、その一つがドラムンだったんだけど、今年から手を出していくことにした。どんどん買っていくしDJもやる。あといろいろ実験して、曲も作れれば。こういうのは先に言ってしまうほうがいい。自分の場合は。。

そもそも、アナログ全盛期は、テクノ全般とちょこっとトランスをかじる程度で精一杯だった。単に経済的な理由もあるし、収納場所の問題もあるし。新しいジャンルを開拓するのって、本来ものすごい金も時間もかかるものだった。
それがダウンロードが主流になって、環境が一変した!さくさく試聴して、気になるアーティストやレーベルでどんどん辿っていけるし、大概myspaceがあるからテキストベースの情報も手に入る。個人的な話をすれば、今年はCDJを買ったので、ダウンロードしてすぐ試してみたりもできる。やっと条件が揃ったって感じ。

私のドラムンベース知識は90年代のLogical Progressionとか、変な話Squarepusherとかで止まっているので、00年代以降の動向はまったく知らない。なので、世の中的にはどういう音があって、自分はそのなかでどういう系の音が好きなのか、探るところから始めた。こういう用途だと今のところ、Beatportが一番使いやすい。音もいいし。

最初とりあえず、Beatportのジャンル別チャートのドラムンTop100を片っ端から聴いた。あんまりシンセがレイヴィーな、おどろおどろしいハードコアなのも自分としてはちょっと違って、逆に歌モノのおしゃれでクールなやつも、たぶん違う。だけど「これはいいかも」っていう音は確かにあって、それに共通する要素を辿っていくうちに、なんとなく探しているものが見えてきた。

どうなんですかね、チャートを聴いてる限りだと、いま流行ってるスタイルってすごいシンプルで、細かく刻んでる感じじゃないような気がする。軽くてソフトなイメージ。私はもっと硬くて粒が細かいのが聴きたいんだけど、そういうのはあんま流行ってないみたい。

そんな中、この曲が異常にかっこよくて鼻血出た。これ!こういうのがもっと聴きたい!

テクノはテクノで続けつつ、今後はドラムンベースも。おすすめあったら教えてください。

Share on Tumblr このエントリーをはてなブックマークに追加