blog

フリーランスのWeb制作 : デザイン、HTML/CSSコーディング、CMS
EPXスタジオ www.epxstudio.com

PHUNK!!!@COLORS STUDIO

テクノ2009-02-22 21:30

Go HiyamaさんとDJ SudoさんがゲストのPHUNK!!!に遊びに行ってきました。今回も最高でした。

浅草Stellaのパーティーに出演していたフミアキさんと合流して、デニーズで遅い夕食を済ませてから西麻布へ。途中、表参道でここうさんと合流して、入ったのは1時前くらい。酒買ってフロアに行ったら、いきなりCascadeかかってて一気にスイッチ入った。

Sudoさんはバーミンガム一直線のハードミニマルでめちゃくちゃかっこ良かった。2009年にもなってOutlineのEncounterが聴けると思わなかった。ツボすぎる。Sudoさんは、北海道をベースにElektriggerというパーティーでSurgeonやRegisを招くなど精力的に活動されていて、ひたすらリスペクトです。5月にもSurgeon呼んでいるとか。

N.A.M.I.さんはネタなしの硬派なシュランツミックスでした。熱い!Sudoさんのハードミニマルからどういう流れになるのか興味あったけど、ガツンとbpm上がっても違和感を感じさせない選曲は凄いと思いました。
このパーティーは、音もさることながらロケーションが最高。VJなしの真っ暗なフロアの上半分にスモークが充満して、煙の向こうから轟音のキックが叩きつけてくるあの感じ。

3時からはGo Hiyamaさんの2時間セット。やばかった!新旧取り揃えたセットで、ハードミニマル、シカゴハウスからインダストリアル、エレクトロまで自由自在。選曲だけ部分的に聴くと本当、10年前のセットみたいな感じなんだけど、決して逆行とか停滞しているわけではなく、新しいテクノロジーで新しいミックスを追及しているのが伝わってきた。

序盤、いきなりNeil LandstrummのPraline Horseがかかって発狂した!この曲超好きで、昔から何度となくかけたんだけど、クラブで人がかけるのを聴いたのは初めて。こんなの、あの流れで聴いたらまじで頭おかしくなる。

Go to Beatport.comGet These TracksAdd This Player

その後もRadialのBruce LeadにQuestionの9番と、新旧分け隔てなく名曲が絶妙の流れで入ってきて、ずーっとテンション落ちなかった。最後のほうのPneumaはびっくり。あのきわどい変則スネアは、確かに今時の変態インダストリアルと合うかも。
余談だけど、最近、高1くらいでテクノを聴き始めたときの新鮮な驚きが、リアルな感覚としてフィードバックしてくることが多い。「テクノ」に飢えているが故の再発見というか。楽しくて仕方ない。

5時にパーティーが終わるまで、途中5分くらいバーカウンターに行ってたことを除けば、4時間以上ひたすらフロアに張り付きで踊ってた。帰りは、フミアキさんと中で会ったアツシくんと表参道まで歩き。次も絶対遊びに行きたいです。

追記(2/24):
関連記事です。
gatearray recordings blog - PHUNK!!!に遊びに行ってきました。
http://gatearray-recordings.net/blog/archives/344
Share on Tumblr このエントリーをはてなブックマークに追加