プロフィール : EPX studio

DJ, Techno Music Production, Manga, Illustration & Web Design
www.epxstudio.com

トップ > スタジオ > プロフィール

プロフィール

R-9
DJ、テクノプロデューサー、同人漫画作家、Webデザイナー。
パーティーのオーガナイズから、Webサイトの設計・構築、同人誌制作まで、多岐にわたる制作活動を行っています。

略歴

写真80年生まれ。ゲームミュージックと電子音に極端に傾倒した少年期を経て、95年頃よりテクノを聴き始める。翌年、初めてのマシン(PC-9821 V13)とRoland SC-55STの導入をきっかけにトラック制作を開始し、これと並行する形で97年7月、現在のEPX studioの前身となる個人Webサイト「Techno Frontline」を立ち上げる。

99年より中央大学テクノ・ハウスサークル「ヴィニールハウス」の一員となり、このころまでにMC-303、EA-1、SP-202を組み合わせた独自のライブセットを確立した。また、00年からはハードミニマルDJとしても活動をスタート。学内イベントのほか、渋谷Inti、六本木Clubbers House Lounge、高円寺きのこ、吉祥寺Warp、阿佐ヶ谷Base、渋谷Vras、蒲田Studio 80などでプレイ。大学卒業後も、04年に自らのオーガナイズするパーティー「PD」を始めたほか、原宿Bar Moda、渋谷Soft、三軒茶屋Dune、早稲田茶箱、渋谷No Style、中野Heavy Sick ZeroなどでDJ・ライブ活動を続ける。

一方、同人作家としては02年にサークル「アンダーライン」としてデビュー。さらに翌々年、盟友宮田氏とともに創作漫画サークル「B2B」を結成し、その後も年4回のCOMITIAを始めとするイベントへの参加を継続している。

06年5月、独自ドメインを取得し、「EPX studio」としてサイトリニューアル。
07年10月、gatearray recordingsよりリリースされたコンピレーションアルバム「Presence」のジャケットイラスト、楽曲提供を手がけ、同名のパーティーにもレジデントDJとして参加した。

08年1月には、個人制作に取り組むため、2年2ヶ月在籍したWeb制作会社を退職、フリーとなる。7月にテクノ情報サイト「R3LAYTIONS(リレーションズ)」を立ち上げ、同プロジェクトのプロデュースと制作を行ったほか、いくつかのWebサイトのデザイン・コーディングなどの委託制作を行う。

この記事のカテゴリー
スタジオ

関連ページ

関連サイト(外部リンク)

お問い合わせ

r-9アットマークepxstudio.com

ページトップに戻る