blog

フリーランスのWeb制作 : デザイン、HTML/CSSコーディング、CMS
EPXスタジオ www.epxstudio.com

12月8日「Relics」@茶箱に出演します

テクノ2012-11-24 14:49

Relics 2012-12-08

告知です。特にダーク&インダストリアルな地下テクノ周辺で暗躍する、DJのREC-ing Crewさん主催の「Relics」というパーティーに呼んでいただきました。来月8日の土曜日夕方、場所は早稲田の茶箱さんです。

共演は元Persistence、最近ではGo Hiyamaさん、Ryuji Takeuchiさん、Kazuya Kawakamiくんとのプロジェクト「HueHelix」でもお馴染みの山形のTomohiko Sagaeさん、国内屈指の独立系電子音楽レーベルを育て上げた「AN/AY」のKatsuyuki Taguchiさん、それに先日M3で初めてご紹介いただいた実力派DJ Masayoshi Muroさんです。

流行に媚びない、硬派なテクノが楽しめるのは間違いないので、そういった音に興味のあるかたはぜひ。私もこの日はストレートなテクノだけをプレイします。イベントの詳細はFacebookページTwitterアカウントなどでチェックしてみてください。

告知だけなのもあれなので、最近好きなテクノを。

スペインのKwartzが良いです。上のトラックはCicuta Netlabelからリリースされた最新のフリーEPから。シンプルな構成ながら、この重さとドライブ感。このレーベル自体もスペイン発で、以前からちょくちょくチェックはしていたのですが、これは個人的ヒットでした。

あとConrad Van Orton (Beatport)にハマってます。最近知ったので、リリースを遡って聴いているわけですが、ほぼ全曲ツボという。ちょうどBPのクーポンのタイミングに重なったため、あらかた揃えることになりそうです。遅くてもハウスっぽくなくて、あくまで縦ノリなのが好きなんだな。

Prologueから出たDino Sabatiniのアルバムを買いました。これはもう、ジャンルとしては「ダイビング」ですね。潜りましょう。

Shaman's Paths [Prologue] :: Beatport
http://www.beatport.com/release/shamans-paths/991183

アフリカあたりのトライバルなシャーマニズムを取り入れた作品とのことで、どうしても10年前のOliver Hoの名作"Universal"(とそれに至る一連のトライバル系ミニマル作品)を連想してしまうわけで。進化/深化したなぁ、という印象です。

Share on Tumblr このエントリーをはてなブックマークに追加