blog

フリーランスのWeb制作 : デザイン、HTML/CSSコーディング、CMS
EPXスタジオ www.epxstudio.com

WIRE11

テクノ2011-08-28 17:52

2年ぶりに行ってきました。抽選の早割が当たったので、今年は内容の如何に関わらず行くつもりだったんですが、いざラインナップを見てみればTakaaki Itohさん初参戦とか、行くしかないなって感じで。結果的に、先週のFREEDOMMUNE 0も荒天中止になってしまって、久しぶりのフェスでした。

新横浜の揚州商人で燃料補給してから21時過ぎに会場入り。ぐるっと回っていると、さっそくいろんな人に会う。毎年会った友人みんなの写真を収めているここうさんにも、数年ぶりに撮ってもらえた!レッドブルだけ飲んでアリーナへ。

Ken Ishiiのライブセットは、これまでとはだいぶ違う構成で意表を突かれた。前半はDubfireからの流れを意識してか今風のテックハウスで淡々と攻め、一転して"Butter Bump Blaster"からの後半は"Iceblink (Beat The Strings Attack Mix)"に"Extra"と、従来の王道懐メロライブ。後半だけで組み立てるのも難しくないのだろうけど、敢えて今の音にもトライしているところが、イシイさんらしくて良かった。最後の1曲は何だろう、最近の曲かな?昔のFlareみたいなフワフワした上モノシンセが乗っている、古くて新しい音。あの路線はアリなんじゃないかなぁ。

今年のアリーナのデコレーションは、5本の塔を中心に、天井から吊った布でそれぞれに「W」を形作るようなものがメイン。1ステージ制になり、従来の後方のスピーカーがなくなって、2階と繋ぐスタンド席が新設された。これがなかなか良くて、フードコート脇の階段に集中していたアリーナとセカンドの導線が分散されて、無理のない感じに。サウンドシステムも迫力を減ずることなく、むしろ四方にスピーカーを配置することによる音の濁りも解消されて、ほぼどこにいてもクリアに聴こえた。良いかもしれない。

続く恒例の卓球タイムでWIREピークタイムのスタートを見て(このレーザー出力全開の瞬間がいつも好き)、相変わらずの硬派なセットに後ろ髪を引かれつつ、セカンドのTakaaki Itohさんへ。WIRE11の自分的メイン。入るなりRadialの"Fat Van Dale"がかかっていて激上がる。そこから、ハウスっぽいグルーヴに寄り道しつつも硬いインダストリアルテクノで引っ張り、最後には完全なハードミニマルまで上げていった。昔のリキッドを思わせる空間と暗さで、ハマってしまった。文句なしのベストアクト!

少しの休憩で、スタンドから見たバムもカッコ良かった。そのあと、サードエリアを回りagraphのライブを聴きつつかき氷を食べて、ふたたびセカンドへ。今度はMark Broom。WIRE09の時のイメージから、今回もミニマル/テックハウスにオールドスクールなネタを被せるスタイルかと思っていたら、思いっきり上げてるお祭りDJでぶっ飛んだ。一昨年よりも俄然ハード!最後のほうには"French Kiss"ネタから"Vamp"も飛び出す始末で、この人の地味なイメージは完全に払拭された。いいね。

続くSnuff Crewのライブも、機材は見えなかったものの、音的にはハード音源を卓で抜き差しするような昔ながらのテクノのライブの趣があって、なかなか良かった。
これとは違うけど、全体的に今回のWIREは、ミニマルでも低音域が埋まっている感じの(まさにgommaさんが分析していたハードグルーヴ・スタイルの)音が多く、どことなく原点回帰の兆しのようなものがあって嬉しかった。来年にかけて、またテクノ界隈のリリースが楽しみだな。

フードコードで、フミアキさんやアツシくんtakaukeくん、それにお久しぶりの寒河江さんやgommaさんとひとしきり話したあと、アリーナの69 LiveことCarl Craig。有機的にじわじわと展開するプログレッシブな構成で、抜き差しや上モノを被せるタイミングも独特。覆面をしてのプレイや、地味すぎる映像から、ものすごい強烈な美学が感じられて面白かった。前半、スネアを乱打するSpastikそっくりの音になって笑ったんだけど、どちらかというとこっちが元祖で、そのエッセンスを掬い上げてヨーロッパに持ち込んだのがRichie Hawtinなんだろうな、、たぶん。

セカンドのフミヤさんがすっごい好みの音だった。踊り続けたかったけど、さすがに疲れたので音だけ聴きながら少し休んで、アンコールでまた入っていった。バッサリ髪を切ったフミヤさんが妙に若返っていて、心なしかブースでの動きも若々しく、なんか頼もしかった。ていうかほんと、けっこう寄っても20代にしか見えないってすごいよね。
セカンドが終わってアリーナに戻ると、こちらのLen Fakiもラストスパート。いつもながらの外タレっぽいタフなステージングで引っ張り、7時半にようやく終了。

今年は、震災のこともあったし、先週のFREEDOMMUNE 0中止のこともあったし、無事に終わって良かったね、ってのが先に来ますね。WIREだけは続けてほしいな。
ってことで、恒例の個人的まとめ終了。お疲れさまでした。また来年!

Share on Tumblr このエントリーをはてなブックマークに追加