blog

フリーランスのWeb制作 : デザイン、HTML/CSSコーディング、CMS
EPXスタジオ www.epxstudio.com

雨と休日

日記2011-04-06 13:34

西荻窪のCDショップ「雨と休日」に行った。店舗名のとおり、雨の日や休日に聴きたくなるような、「穏やかな音楽を集める」というのがコンセプトの、小さなお店。南口の平和通りをマイロード伝いにしばらく歩くと、右手にある。このあたりは少し変わった、個性的な店が多い。

ちょっと重い引き戸を開けると、店内にはわずかにディスプレイされたCDと、PCが1台。店頭には少量の在庫を厳選して置いていて、基本、検索や試聴はPCでできるようになっているらしい。
面白いのは、ジャンルを特に限定したり区分することなく、店のコンセプトに合う作品なら並列に置いているところ。200年前のバロック音楽と現代のインディーズ作品が隣り合わせになっている。ただ、独特の評価軸があって、それぞれポップに「day」「night」「rain」という、シチュエーションに合った(店主の主観による)、タグ付けがされているのが面白い。

ナクソスから出ている、ヴァイスの「リュートのためのソナタ集 第7集」を購入。これ、まさにコンセプト通りの音楽だなぁ。ちょうど、ギターとかの柔らかい撥弦楽器の音が聴きたくて探していたところだったので、いいCDに出会った。

雰囲気とか取扱い商品は、オンラインショップにも表れている。実店舗に足を運べない方には、こちらがおすすめ。

雨と休日オンラインショップ
http://shop.ameto.biz/

CDに限ったことではないけど、何でも型の旧来の実店舗って(超大型店を除いて)あまり意味をなさない時代になっていくのだろうし、「雨と休日」のようなコンセプト特化型のお店が、どこまで支持されるのかはすごく興味がある。
お店というか、店主のセンス(感覚)に共感できるファンを増やしていくことが大事で、そのためにブログやTwitter、あるいはフリーペーパーを使いこなせるようなところが、生き残るんだろうな。きっと。

Share on Tumblr このエントリーをはてなブックマークに追加