blog

フリーランスのWeb制作 : デザイン、HTML/CSSコーディング、CMS
EPXスタジオ www.epxstudio.com

ディエンビエンフー(1)

日記2009-10-18 22:32

Dien Bien Phu 1以前から気になっていた、数少ない?ベトナムを舞台にした漫画、西島大介『ディエンビエンフー』(IKKIコミックス)の1巻を読んだ。06年からIKKI本誌に連載されていたもので、先日、その第一部が完結したことを西島さん本人がTumblrにポストしていた。単行本は5巻まで出ているみたい。

さて、かわいらしい三頭身の絵柄とは裏腹に、中身は暴力描写がものすごい。ベトナム戦争がテーマなので、ある程度は必然なんだろうけど、極端に記号化して描いているところが狂気を演出している。キャラのラフなタッチだとか、外国が舞台ってあたりから、勝手にオノナツメ系をイメージしていたんだけど、全然違って、思いっきり少年マンガだった(逆にオノさんは思いっきり少女マンガだった)。

そもそも、モチーフからして「弱々しいフツーの少年と殺人マシーン的な少女」という、エヴァを引き合いに出すまでもない王道。これでいうと、松本嵩春『アガルタ』とかも(2巻くらいまでは)好きな作品としてあるんだけど、こういうのは多分、最初のシチュエーションよりも、その先キャラの関係性が変化するまで、のプロセスの描き方が重要なんだと思う。
なので、1巻だけではなんとも言えないんだけど、今のところ、うーんみたいな。わりとお約束に忠実というか、いわゆるフラグが立ったら次の場面で、みたいな展開が多くて、せっかく史実を舞台にしているのにリアリティを削いでいる。ところどころは好きなんだけどな。

公式サイト掲載の1話試し読みはこちら(ほんとに描写がわりとハードコアなので注意)。

とりあえず、もうちょっと続きを追ってみたい。あと絵はほんとにカワイイ。

Share on Tumblr このエントリーをはてなブックマークに追加