blog

フリーランスのWeb制作 : デザイン、HTML/CSSコーディング、CMS
EPXスタジオ www.epxstudio.com

Juno Downloadで買ったものメモ

テクノ2009-03-31 20:34

月末定例チェックアウト。7曲でUS$11.08。

Audioklinik /Breakthrough [Moop Up]
既にあちこちでお馴染みのスペインのDavid Moleonがらみのレーベル、"Moop Up"を今月になって見つけた。Beatportでは扱ってないので気付かなかった(こういうのまだまだありそう)。旧作発掘ってことで、まずは2番。長いイントロから細かい展開で9分間引っ張る、色の付いてないハードテクノ。
Dito Masats /Buena Verde [Moop Up]
3番。この人すごい!速攻でMy Artistsに入れた。疾走系パーカッシブトラックだけど、ファンキー要素は全然なくてひたすら硬い。というか上モノがない。2008年にこんな音を追求している人がいるなんてスペイン最高すぎる。
Dito Masats /Surfers [Moop Up]
最新4番。今月ベスト!ものすごい疾走感、でいて、音数がかなり多いのにどれも潰れずクリアに聴こえる。ともすれば単調になりそうなくらいミニマルなんだけど、偏執的に細かいブレイクが軽快で、展開としてはむしろ派手。
David Moleon /Cagliari [Moop Up]
同じく4番。ストレートで攻撃的なトラック。同じスペインのパーカッシブなハードテクノでも、お祭りっぽく明るい感じのファンキー系とは少し距離を置いている感じ。どちらかというと昔のGlenn Wilson的な硬さ。このレーベルはほんとマスト。
Layman & Rice /This Is How We Roll [Sub Cult]
19番。アイルランドの2人組ユニットらしい。キャッチーなジュリアナ系レイヴトラックをネタに、抜き差しもわりと大胆に展開。オケヒットのモロなフレーズが連発する中盤からの流れが熱い。
Vortechtral /Beanstalking [Sub Cult]
最新20番。相変わらず重く毒々しいVortechtral。レイヴィーで暗ーい上モノが派手に展開する地獄ハードテクノ。こんなの買うに決まってる。
Armando /Land Of Confusion [Trax]
Traxの古いのあるんだ、と思って買ってみたら、やっぱり思いっきりアナログソースだった。ノイズはもちろん音像がブレていて、ほんとに市販のレコードから拾ったんだなっていう。まあ、ものがものなので、味があって個人的には満足だけど、データにはこういうのもあるってことで。

Dito Masatsの熱さはハードテクノ的にはちょっと特筆に価する感じです。

Dito Masats on MySpace Music
http://www.myspace.com/ditomasat

MySpaceの3月のチャートアップしました。

Share on Tumblr このエントリーをはてなブックマークに追加